LILUM。。。/和田彩花

 

 

ミュージカル「LILIUM 少女純潔歌劇」千秋楽を迎えました。

 

 

 

 

今回、私はスノウという女の子を演じさせていただきました!

 

物語冒頭では、スノウは、物静かで人と関わらないような女の子です。

でも、途中から、感情を激しく出すときがあります。

 

そして、弱い部分も見せます。

かなり、感情が多様でどんどん素顔が表れていく感じです。

そんなスノウを演じていましたが、、すごく演じやすい性格なんです。

千秋楽を迎えた今でも、スノウと自分のどこがそんなに似ているのか、、

わかりません。でも、まるで自分を出しているかのように、

スノウは演じやすいんです。

 

本当に正直、あと一週間はスノウのままで居たい(;_;

 

できるなら、クランに戻りたい(;_;

 

千秋楽は、

言葉一文字一文字噛みしめながら、、(._.)

それでも、始まってしまったら、アッという間に

カーテンコールまで。

 

千秋楽のカーテンコールでは、、

最後の最後の本当の最後に、

リリー(鞘師里保ちゃん)がユリの花をステージに捧げたのですが、

その間、隣で見守っていた私ですが、、

ステージ上にポツンと置かれたユリの花。

とてつもなく、、悲しい光景でした。

私の目は涙でいっぱいになりました。。

今、この文章を書いていても、、思い出すだけで、、

涙が出てきそうです。。

 

 

 

そして、公演が終わったあとに

みんなで円陣を組んだのです。

今までは、本番始まる前に役名で円陣を組んでいました。

公演後は、役名ではなく、、自分の名前で(;_;

 

もう、スノウではないことを実感して、、それに、、

まだ心の中はスノウでいっぱいだったのに、、

「彩花」って名前で円陣を組んだとき、本当に悲しかった。(;_:)

「彩花」って言ったとき涙が溢れました(;_;

 

本当にスノウ大好き!

 

 

また、いつかスノウに会えますように~

 

 

 

LILIUMに出させていただいたことが

本当に幸せです(^^)

 

 

wada_01.jpg

 

 

 

 

スノウ、マーガレット(佐藤優樹ちゃん)

 

 

バイバイ