Zero Project Produce ミュージカル「雪のプリンセス」



約100年の間、季節が止まったまま夏が続いている世界。
クリスマスがきても、雪を知らない子どもたちには、ホワイトクリスマスの意味がわからない。
コユキ、ツララ、シズクの三姉妹も、クリスマスツリーの代わりにサボテンを飾りつけていた。
見渡す限り乾いた大地。でも、マロース山だけは一年中雪をかぶっていた。
誰も足を踏み入れることのできない謎の山で、そこには雪の女王が住んでいると言われていた。
ツララは皆が恐れているマロース山に行き、雪の女王に会って、
季節が止まっている理由を聞きたいと願っていた。

そんなツララの願いに気づいたのは、マロース山の警備をしているコガラシ隊長だった。
人間は知らずにいたが、雪の女王は100年前にこの世を去っていた。
しかし、娘のプリンセスが後を継いで女王にならないせいで、季節が止まってしまっているのだ。
コガラシ隊長は、母の死から立ち直れないプリンセスを元気づけるため、
ペットとしてツララを誘拐することにした。

ツララが姿を消したことに気づいたコユキとシズクは、マロース山に救出に向かう。
彼女たちはそこでサンタクロースの孫と出会ってプリンセスのことを知るが、その直後に雪女に襲われる・・・。

一方、雪のプリンセスはツララをペットとして可愛がるつもりなどまるでなかった。
ツララはプリンセスの本音を偶然に知ってしまい、その孤独を気の毒に思う。

その頃、冬の精たちはクーデターを企てる。いつまでも引きこもっている雪のプリンセスを追い出し、
お人好しの冬将軍を玉座にすえて、コガラシ隊長が実権をにぎろうと考えたのだ。

妹を救うためにプリンセスの元へ急ぐコユキたち。
クーデターを決行しようとプリンセスを狙うコガラシ隊長とその部下たち ― プリンセスはどうなるのか。
ツララは家に戻れるのか。そして、季節は再び巡るのだろうか。

オフィシャルページ
http://www.zeropro.net/snow-princess.html

日時

2016年3月30日(水)~4月3日(日) ※全8回公演

会場

全労済ホール / スペース・ゼロ

料金

SS席(特典付き) 8,000円
S席 6,800円
A席 5,500円
子供料金 4,800円(S席のみ)

出演

吉川友 / 片山陽加 / 木根 尚登 / 安奈 淳 / 水石 亜飛夢 / 小笠原 健 / 高橋 胡桃 / 五大 輝一 / 他...

※出演者は変更になる場合がございます。

詳細

脚本 :高橋 知伽江
演出 :大杉 良
作曲・音楽監督:片野 真吾
振付:柴田 桃子
舞台美術:土屋 茂昭
プロデューサー:伊藤 綾美
特別協力:東京モード学園 オリコンデビュー
協力:アール・クルー / 演劇女子部
協賛:Olympic
後援:タレント名鑑
企画製作:Zero Project
主催:全労済