シアターグリーンリニューアル1周年記念 招待作品(二本立て) ゆめとうつつとまぼろしと 「百円野菜」「おいていかれようぜ」

「百円野菜」
私の住む町にいくつか野菜の無人販売所があります。
ダイコン、ホウレン草、カボチャ、どれも愛らしく、個性的です。しかし不思議とそれを置く人を見たことがない・・・
いろんな妄想がふくらみ、いつしか登場人物たちが息をしはじめ「百円野菜」を書きました。
草深い田舎で紡いだ物語が、都会の舞台に広がるのを楽しみにしています。
藤井貴里彦

「おいていかれようぜ」
自分がどこへ向かっているかを知らず、他人を横目で見ながら、追いつけ追い越せと背筋を突っ張らせて歩いてく。
眉間にシワ寄せ、頭痛に肩こり、不眠に肌荒れ。ストレスでパンパンに膨らんだあの人、この人。
ねえ、疲れたらストンとしゃがみこんでしまえばいいんだよ。自分をおいてく人たちの背中、眺めてみればいい。次に立ち上がる時は、きっと違う景色が待っているから。
ってなお話です。
大正まろん

日時

2006年7月31日~2006年8月6日

会場

シアターグリーン メインホール

料金

前売¥4,200/当日¥4,500(税込)

出演

<百円野菜>
吉田テツタ/Nao/塩崎こうせい(X-QUEST)/能登有沙(ハロプロエッグ)/大瀬楓(ハロプロエッグ)
<おいていかれようぜ>
中津川浩子/原育美(水木英昭プロデュース)/桑名しのぶ(GLove)/桜木さやか(聖ルドビコ学園)

※出演者は変更になる場合がございます。

詳細

作 藤井貴里彦
演出 はせひろいち(劇団ジャブジャブサーキット) <おいていかれようぜ>

作 大正まろん(流星倶楽部)
演出 大西一郎(ネオゼネレイター・プロジェクト)